自己破産と奨学金【自己破産する前に知っておかなきゃいけないこと】

自己破産と奨学金【自己破産する前に知っておかなきゃいけないこと】

自己破産と奨学金【自己破産する前に知っておかなきゃいけないこと】

経済情勢が不安定な昨今、借金を返済できなくなって自己破産する方が後を絶ちません。
自己破産は裁判所に申し立てて免責が認められれば、元本も含めて債務を弁済する必要がなくなります。
ただ、何でも認められるわけではなく、ギャンブルで作った借金などは免責不許可事由となるので却下されます。
では、進学するために借りた奨学金はどうなるのでしょうか。
これは、奨学金という名前の学資ローンですから、通常の債務と同じと考えられ、生活が苦しくて弁済できないと看做されれば自己破産できることになります。
ただ、奨学金を借りる時には両親などが連帯保証人になっていることが多いので、子供が自己破産するとその債務は全て両親にかかってくることになります。
大体月々3~5万円くらい返済するプランになっていることが多いですが、社会に出たばかりの若者にはこの額を毎月返済していくのは難しいことも多いようです。
進学のためにやむを得ず借りたという方がほとんどでしょうが、借金して進学をしても、社会に出たときから毎月数万円の借金返済が待っているということをよく考えなくてはいけません。
せっかく借金して進学しても、その後就職が決まらなかったりするともっと最悪な事態になってしまいます。
自己破産すると両親に迷惑がかかるだけでなく、若いうちからブラックリストに載って、半永久的に住宅ローンやマイカーローンなども組めなくなるのもかなりのデメリットであることも頭に入れておきましょう。