自己破産するために必要な条件とは=借金返済に悩んでいる人へ=

自己破産するために必要な条件とは=借金返済に悩んでいる人へ=

自己破産するために必要な条件とは=借金返済に悩んでいる人へ=

自己破産は条件を満たしていなければ手続きを行っても裁判所で免責を認めてもらえません。
自己破産するための条件として、まず返済能力を持っていないことが挙げられます。基本的に借りたものは返さなければならないため、返済能力があると判断された場合は利用できず、少し返済が苦しいという程度では免責されません。他の債務整理を利用する場合の条件となる、減額した債務に対して原則3年間での返済が困難である場合が目安になります。
失職により収入が途絶えている状態は一見すると返済能力がないように見えますが、労働力が十分にあると判断されれば働いて返済することができるとされ、返済能力がないと見なされないため注意します。
自己破産は返済能力がないだけでは免責されません。簡単に免責を認めてしまうと債権者が一方的に不利になるため、どのような要因で返済不能な債務ができたのかを審査します。ギャンブルなどの浪費による債務などは認められない場合があります。
また、前回の免責許可から7年以内に手続きを行っている場合や返済能力を偽って借り入れを行った場合、元々返済する気がないのに借り入れを行い、1度も返済せずに手続きを行った場合や財産の処分を逃れるために手続き前に財産を家族に移した場合なども免責不許可事由となり、免責されなくなることがあります。
免責不許可事由に該当する状況であっても悪質でない場合は認められることが多いですが、できるだけ避けた方が良いです。